男性

投資顧問と株式投資を成功させよう|実績のある会社が最適です

制度と会員の違い

ゴルフクラブ

ゴルフ会員権を持っていると一般の利用者よりも優遇されるため、好きなときにゴルフ場を利用することができます。また、ゴルフの競技大会にも参加できるので、普段の練習で鍛えた腕前を試すチャンスもたくさん巡ってきます。このように便利なゴルフ会員権ですが、実は正会員や平日会員、週日会員の3つに分かれています。正会員のゴルフ会員権が最も高く、週日会員は一番安いです。しかし、この3つの会員のうち、自由にゴルフ場を使えるのが正会員で、平日会員の場合は月曜日から土曜日までプレイすることが可能となっています。ゴルフ会員権は高い商品ですから、購入するときは会員ごとの違いを確認して選ぶようにしましょう。

ゴルフ会員権には会員の違いの他に、制度にも3つの種類があります。社団法人制と株主会員制、預託金制の3つですが、社団法人制の場合は利益を追い求めないのでゴルフ会員権の売買をすることができません。また、名義変更の回数も一度だけという制約があります。株主会員制だと、ゴルフ会員権を持っている人は株主であるため、ゴルフ場の運営などに意見を申し立てることができます。さらに、万が一解散することになっても、主資金が還ってくる仕組みが整えられているので、購入する人が多くいます。そして預託金制ですが、この制度のゴルフ会員権は非常に数が多いと言われているのですが、ゴルフ場の経営がうまく行かずに閉鎖すると、預けていた保証金が戻ってこない場合があります。しかし、基本的に保証金は無利子で据え置きされ、一定期間保管したあとは返還請求ができます。